2016.4.12 INFORMATION "TIMESCAPE"(2016年5月12日−5月31日) 2016年5月12日−5月31日
グランビスタキャラリー サッポロ 

"TIMESCAPE"

会期:2016年5月12日−5月31日

時間:11:00-19:00
会場:グランビスタキャラリー サッポロ 
住所:〒060-0001 札幌市中央区北1条西4丁目
TEL:011-261-3311

FAX:011-231-0388

ウェブサイト

地平線、水平線、山の輪郭線といった自然の中にある境界を題材に、人の記憶と風景が交錯することを主題にした作品を制作しているが、今回は風景の中に存在する「時」を主題にした展示を試みた。
夜明け前や日没後の時間帯の静寂、そしてそれが繰り返されていることは、人間が目を閉じたり開けたりする瞬き(まばたき)の瞬間に広がる闇の静けさと似ているのようにも感じられ、その「時」の経過を作品に封じ込めたいと考えた。
また、時空を表現した彫刻では、洞窟などの漆黒の闇の奥には別次元の世界が存在するのではないかということを想像しながら制作をしていた。
闇は、自分自身を映す鏡でもあるのではないだろうか。
今回出品する作品は、主に制作の拠点である北海道の白老町近辺をフィールドワークして感じたことが影響している。
*TIMESCAPE とはTIME(時)とSCAPE(風景)を組み合わせた造語。


国松希根太 Kineta Kunimatsu 彫刻家
1977年、札幌市生まれ。多摩美術大学美術学部彫刻家を卒業後、2002年より飛生アートコミュニティー(北海道、白老町)を拠点に制作活動を行なう。近年は地平線や水平線、山脈といった風景の中に存在する輪郭(境界)を題材に彫刻や絵画、インスタレーションなどの作品を制作している。主に個展、グループ展などで作品を発表し、スパイラルガーデン(東京)での個展"material"や、サヴォア邸(ポワシー、フランス)でのグループ展"*folding cosmos VILLA SAVOYE"など、国内外で発表活動を続けている。また、飛生アートコミュニティーの活動として、アート関連のイベントや展示会の企画にも多数関わる。
http://www.kinetakunimatsu.com


記念トークセッション
日時:2016.05.12[thu] 18:30-19:30
場所:札幌グランドホテル 1階 グランシェフ
出演:国松希根太(彫刻家)
   露口啓二(写真家)
   北川陽稔(写真家/ビデオアーティスト)

レセプション
日時:同日 19:30-20:30
場所:札幌グランドホテル 1階 ロビーラウンジミザール

※定員100名/先着順締切/無料
※申込/011-261-3311(代表) http://www.grand1934.com/gallery/
※Facebookイベントページ、メッセージでも受け付けております。
https://www.facebook.com/events/652337688237776/
Kineta Kunimatsu
BIOGRAPHY INFORMATION PORTFOLIO PHOTO EXHIBITION PRESS Contact